横浜JCエバンジェリストとは

(一社)横浜青年会議所は、クレイジーケンバンドの横山剣氏を

横浜JCのエバンジェリストとして任命し、就任して頂きました。

 

クレイジーケンバンドは2017年に結成20周年を向かえます。

そして(一社)横浜青年会議所は2020年のJCI世界会議を誘致する為、

より多くの人に(一社)横浜青年会議所の運動を知って頂く為に共に広報活動して行く事になりました。


【プロフィール】

横山剣 Crazy Ken

クレイジーケンバンド・リーダー/作曲・編曲・作詞・Keyboards・Vocal

1960 年横浜生まれ。
小学校低学年の頃より脳内にメロディーが鳴り出し独学でピアノを弾き作曲を始める。

小学校5年生(1971 年)の時、中古レコード屋の野外サウンド・システムにてマイク片手に実演販売を行う。こうしたことがキッカケとなって音楽の世界にのめり込んで行く。中学2年よりバンド活動を開始して以来、地元横浜を中心に数多くのバンドで活躍するが、1981 年にクールスRC のヴォーカル兼コンポーザーとして晴れてデビュー。以後、ダックテイルズ、ZAZOU、CK'S 等のバンドを経て、1997 年春クレイジーケンバンドを発足。

これを機に自分の作品に最も適したシンガーが自分である事に気付き、シンガー/ステージ・パフォーマーとしてのスキル&テクニックをも高めて行く。作曲家としては、堺正章、和田アキ子、SMAP、TOKIO、一青窈、松崎しげる、グループ魂、藤井フミヤ、ジェロ、関ジャニ∞、小泉今日子&中井貴一、TUBE、八代亜紀など、数多くのアーティストに楽曲提供。さらにm-flo、ライムスター、ARIA、マイティー・クラウン・ファミリーなど、ジャンルの壁を超越したコラボレーションを実現し、その音楽活動は多岐にわたる。その他、2007 年には初の自叙伝『マイ・スタンダード』(小学館)を約500 ページ全て本人による書き下ろしで発売し、たちまち重版が決定するなど発売直後から、各マスコミの注目を集めた。横山の文章は各分野でも高い評価を受けており、待望の文庫本化が決定。2012 年6 月に発売された。

口グセである「イイネ!」という独特の言い回しは、数々の露出の中で全国的に認知されることとなってゆく。

また不良中年のファッションリーダーとして各種雑誌のグラビアを飾ることも少なくない。

2013 年には初の演劇にもチャレンジ、浅草公会堂ホールで大座長公演を行う。2016 年には本人役を演じた映画「イイネ!イイネ!イイネ!」が沖縄国際映画祭で公開された。

大好きなクルマは横山の音楽の重要な要素を占めており、バイクのレースチームを率いたり、アメ車イベントに出演したりという活動を続け、近年は5 年連続でクラシックカーレース『La Festa Mille Miglia』に愛車オースティンヒーレーで出場、2016 年には筑波サーキットで行われた耐久レースに出場するなど、あこがれのモータースポーツに長年に渡り関わり続けている。

2017 年は、クレイジーケンバンドが20 周年を迎えるにあたり、さらに多彩な活躍が繰り広げられるであろう。

当サイトへ掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。 Copyright (C) (一社)横浜青年会議所 All Rights Reserved.